ソーシャル翻訳とは

2011 年 4 月 27 日 コメントをどうぞ コメント

ソーシャル翻訳は、インターネット上で複数の人がコミュニケーションをとりあって、サイトに掲載されている文章などを翻訳していくというものをイメージしています。

特定のサイトのファンで、複数言語を習得しているユーザーが別の国に広めるために自発的に翻訳してくれるといったケースもありますし、クラウドソーシングの形で有料で翻訳作業を行う人のチームがウェブサービスの翻訳にあたるということも増えてくると思います。

どうコミュニケーションを取って効率よく翻訳を進めることができるのかという点に着目しています。あと、プロの翻訳家に依頼するのと違い、クオリティにばらつきがあるのが現状ですので、それをどう複数人が携わることでカバーしていくかということも考えていきたいと思います。

言語間の情報量の格差があまりにも大きいことに問題意識を持っていまして、ソーシャルの力を活用することで言語間の情報格差を減らすことができるのではないかと考えています。

  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。
コメントを投稿するにはログインしてください。