アーカイブ

2015 年 2 月 のアーカイブ

機械翻訳の実用化の時期は近い

2015 年 2 月 8 日 Comments off

翻訳業界にどっぷり使ってしばらく立つのですが、業界の動向を見ていると、機械翻訳(Machine Translation : MT)の精度が想像していたよりも高いです。

すでに英語からヨーロッパ言語への翻訳は実用的なレベルまでに到達していて、マニュアル翻訳などは大部分がMTで行われているようです。
Post Editという要は機械翻訳にかけたあとに人力で手直しする作業をするかどうかは状況に応じて変わると思いますが、機械翻訳だけでも意味は十分に伝わるということが増えていくでしょう。

まだタイ語やインドネシア語といったようなマイナーな言語に関してはそれほど精度が高くない状態なので、まだしばらく人力翻訳がメインになっているエリアもあるとは思うのですが、とはいえ20年くらいのスパンでほとんど全部入れ替わるのではないかと思います。さらに、機械翻訳がメインになるよりも前に、Gengoやコニャックといったようなクラウドで作業をしてもらう前提の翻訳サービスが翻訳会社のシェアをどんどん奪っていく流れなのは間違いないです。

クラウド化、機械化の流れに取り残されないようにどういう経営判断をしていくのかが翻訳会社には求められてますね。翻訳のニーズ自体がなくなることはないし、むしろ増え続けるとは思うのですが、社内で行う必要がなくなってしまったり、もっと言えば人力である必要もなくなるということなので、かなり大胆な方向転換をできる会社でないと辛い状況にすぐ陥るのではないでしょうか。

弊社はインドネシア語の翻訳(http://indonesia-translation.com/)をサービスとして提供しているのですが、インドネシアのように人口が多く、GDPの成長率が高い国ほど、言語に関連した研究開発のスピードも早くなるでしょう。要は経済が強くて現地のマーケットサイズが大きい場所に関連した言語ほど機械翻訳に置き換わるペースが早くなるということです。どの国、エリアがどれくらいのペースで成長し、それによってどう言語関連技術が発展していくのかを意識しながら翻訳の仕事をしていきたいと思います。

カテゴリー: 更新履歴 タグ: