アーカイブ

2011 年 4 月 のアーカイブ

Lang-8 ユーザー同士で添削しあって語学学習

2011 年 4 月 27 日 コメントはありません

Lang-8は文章を投稿するとネイティブが添削してくれる語学学習のためのサイトです。
ユーザー同士で日記にコメントしあったり添削しあったりするというサービスで、かなり活発にやり取りが発生しているようです。

ネィティブと相互添削で語学学習 | Lang-8

カテゴリー: ソーシャル語学学習 タグ:

myGengo ソーシャル翻訳サービス

2011 年 4 月 27 日 コメントはありません

myGengoは依頼して30分以内に翻訳結果が送られてくる便利なサービスです。

使える翻訳 | トップ | myGengo

料金は1文字2円から。翻訳者のスキルに応じて料金が分かれています。
ワード、エクセル、パワーポイントなどMicrosoft Officeのファイルをそのままアップできるところが便利だと思いました。

以前一度試したのですが、日本語から英語にする翻訳はちょっとひどい英語で使えませんでしたが、英語から日本語にする翻訳の分はまともな結果が返ってきましたので急いでいるときには使えると思います。

Conyac コニャック ユーザー参加型ソーシャル翻訳サービス

2011 年 4 月 27 日 コメントはありません

コニャック はユーザー参加型のソーシャル翻訳サービス。 翻訳依頼者がポイントを購入して翻訳を依頼するという流れのようです。

コニャック – Social Translation Service

料金は1文字0.9円です。

日英、英日翻訳の場合は、70%の依頼に対して30分以内に納品されているとのことです。
現在47言語に対応中とのこと。

カテゴリー: ソーシャル翻訳ツール タグ:

Google Translator Kit 機械翻訳+ソーシャル翻訳

2011 年 4 月 27 日 コメントはありません

Googleが共同で翻訳を進めるためのツールを公開しているようです。機械翻訳と、人力による翻訳を同時並行で活用するという仕組みのようです。

これを有効活用すればFacebookが実施したユーザーに翻訳してもらうという仕組みがより簡単に構築できるようになりそうです。

Google Translator Kit―機械翻訳+クラウド翻訳ツール登場

Webサイトとの連携の部分は正確に把握できていないので、これから調べてみようと思います。うまくサイト内に埋め込んで使うことができるような仕組みを提供すれば使われるようになるかもしれません。

Facebookは無償だったようですが、ユーザーが無償で翻訳してくれるほど熱意をもって参加してくれているサイトはすごいですね。

はじめに

2011 年 4 月 27 日 コメントはありません

このブログは最近少しずつ出てきたソーシャルメディアでユーザーが翻訳したり、相互に出した文章を翻訳しあったり、または互いの得意な言語を教えあったりするという動きについてウォッチしていきます。「ソーシャル翻訳」というのは勝手に作った造語で、特に他では使われていないと思います

インターネットにおける言語間の情報格差に問題意識を持ったことで調べてみようと思い立ちました。このままだと英語圏とそれ以外での情報格差は広がる一方ですので、できるだけ情報格差を減らすためにはどうしたらいいかを調べたことをもとに考察していきます。

不定期の更新となりますが目にとまったニュースやサイトがあれば随時紹介していきますので、もし興味のある内容の記事がありましたらRSS登録などしておいてもらえるとうれしいです。

カテゴリー: 更新履歴 タグ: